岩瀬たけし

About 岩瀬たけし

This author has not yet filled in any details.
So far 岩瀬たけし has created 607 blog entries.

<🌸二期目、当選しました🌸!>

練馬区議会議員選挙が終わりました。 最終的な結果が出たのは朝の2時近く、「二期目は票を減らす」というのが選挙の格言。ヤバいんじゃないか、と、前日まで朝から晩まで選挙戦をともにした支援者の一部の皆さんと、ドキドキしながら結果を待っていたのですが、前回に比べて2,000票近く多くの票をいただき4794票、18位(62人候補者50議席中。前回は47位)で当選することができました! この4年間、私が一番訴えてきたのは「マイノリティが住みやすい町は誰にとっても住みやすい町」。外国人の方、LGBTIの方の人権などです。「票にならないことばっかりやってどうするんだ!」と何度も言われましたが、「私がそれをやらないと議員になった意味がないんで!」と答えてきました。この4年、土日はもちろんほとんど休まず、雨の日も雪の日も週3日以上駅に立ち、議会ごとにかわら版で情報を発信し、皆さんとの意見交換会などを通じて地域の問題に取り組んで、成果をあげてきました。 中身をきちんと評価頂き、たくさんの方から信頼と期待を頂けたという事、本当に嬉しいです。今朝も徹夜明けの駅頭で通勤中の方々から「おめでとう」と声をかけて頂くたびに号泣しそうになりました。 また、同じ「市民の声ねりま」の高口ようこはなんと、トップ当選!党を創設した池尻成二と3人合わせて、約19,000票!私が初当選させていただいた4年前までは、池尻1人だった、ねりま生まれの地域政党・市民の声ねりま。皆さんがご支えくださり、支援の輪を広めてくださったおかげで、ここまで急成長したことに、驚きと喜びで一杯です。 これからの4年間、皆さんの期待、そして、灼熱のなか、家事や育児や仕事の合間を縫って(また休暇をとったりして)支援してくださった方々の思いを裏切らないように、また、取り組みの途上にあるものもきちんと成果を出せるように、頑張ります!! (写真は選挙最終日、夜の11時59分まで駅でご挨拶した時のものです。)

By |2019-04-22T13:33:54+09:002019年4月22日|0 Comments

岩瀬たけし当選! 市民の声ねりま3議員全員当選しました

🌸市民の声ねりま3議員全員当選🌸 開票100%で、 岩瀬たけし(4,794)、池尻成二(5,624)、高口ようこ(8,435) 岩瀬たけしは前回が2,968票でしたから、2000票近く伸ばしたことになります!! 4月22日(月)岩瀬たけし事務所で当選の報告会を行います 時間は13:30~19:00まで、ご都合の良い時間に、ご自由に立ち寄っていただく形にしたいと思います。 岩瀬たけし事務所 東京都練馬区大泉学園町2-10-1 西武池袋線「大泉学園」駅 下車、北口より西武バス(2番乗り場)「学園橋」下車、徒歩2分

By |2019-04-22T03:16:51+09:002019年4月22日|0 Comments

私が訴えている「多文化共生」についてお話します

私が訴えている「多文化共生」についてお話します。 練馬区でもいま、国際化が進んでいます。 国際化と言っても、実感がわかないという方も多いと思うのですが 練馬区でもいま人の数(人口)がすごく増えてますよね。 去年一年間で練馬区の人の数は、4千人増えました。 その4千人がどういう人なんですかっていうと、そのうちの約4割は外国人なんです。 いま練馬区の人口は約72万人。そのうち2万人近い方が外国人なんです。 つまり、だいたい一クラスに一人(41人に1人)は必ず外国人の方がいらっしゃる。 そういったなかで、様々な背景をを持つ方は外国人だけではなくて、LGBTと呼ばれる性的マイノリティの方であったり、あるいは精神に障がいを持った方、発達に障がいのある方であったり、いろんな多様な個性があったり、多様な背景を持った方がこの地域のなかで十分に受け入れられて、尊重できるような地域が本当にできているのか? 私は、残念ながらまだまだ遅れていると思うんです。   例えば、練馬区ではなぜ同性パートナーシップ条例は出来ないんでしょうか。 私たちは同性パートナーシップ条例を作るべきだ、東京都のなかでもいくつもの自治体でパートナーシップ条例ができているけれども、練馬区にはできない。 また、練馬区ではヘイトスピーチ、外国人の方に対する差別的な言動を含めたヘイト・ヘイトスピーチ禁止条例というのを作ろうって言ってもなかなかできない。 地域のなかで差別が残っているからこそ、地域の住民の理解を得るためにも行政が率先してこういった条例を作っていかなければならないと思っています。 一人ひとりがしっかりと、尊重されて、ともに生きていけるような社会をつくっていくことが大事だし、次の4年間をかけて改めて取り組んでいきたいと思っています。 岩瀬たけしに一票をよろしくお願いいたします!  

By |2019-04-20T21:14:59+09:002019年4月20日|0 Comments

練馬区議会議員選挙 岩瀬たけし

いよいよ選挙運動ができるのは今日が最終日です。雨の日も雪の日も猛暑のなかでも4年間続けて来た駅頭挨拶も今日まで。 ラストスパート、頑張ります! 4年間、全力で頑張ってきましたが、議員としてまだまだしなければならないことがあります。 マイノリティが住みやすい町は、誰にとっても住みやすい町。 高齢の方も、子育て中の方も、外国にルーツのある方も、障がいのある方も… 悩み苦しんでいる人に寄り添える議員でありたい、誰もが安心して暮らしていける社会にしたい。 練馬の皆さん、投票へ行きましょう。 お友達、ご家族、お知り合いの方にもお知らせください。 あなたの一票が、これからの練馬の4年を決めます。 そして、ぜひ「岩瀬たけし」に一票、よろしくお願いいたします! ◆岩瀬たけしの政策 ⇒5つのいわせて! これまでの成果と、これからの政策 ◆いただいた応援メッセージを読む ⇒応援メッセージ ◆ボランティアに参加! ⇒岩瀬たけし事務所 ( 03-5935-4071 , IwaseteNerima@gmail.com )

By |2019-04-20T09:52:51+09:002019年4月20日|0 Comments

市民の声ねりま 岩瀬たけし

市民の声ねりまは、岩瀬たけしが所属している練馬生まれの地域政党です。 政治を市民の手に取り戻すために、一人一人の思いを大切に、そして練馬の地域にこだわりながら活動しています。 合言葉は「ともに生きる、ともにつくる」です! 市民の声ねりまについてのお問い合わせは03-5933-0108 siminnokoe@nifty.com まで   ◆岩瀬たけしの政策 ⇒5つのいわせて! これまでの成果と、これからの政策 ◆いただいた応援メッセージを読む ⇒応援メッセージ ◆ボランティアに参加! ⇒岩瀬たけし事務所 ( 03-5935-4071 , IwaseteNerima@gmail.com ) 岩瀬たけし事務所では20日までボランティアしてくださる方を大募集中です!! 特に事務所で電話かけをしてくださる方、駅頭などで岩瀬と一緒に立ってくださる方を募集しています。 お手伝いしてくださる方は、ぜひ事務所までご連絡いただけると助かります。どうぞよろしくお願いいたします!

By |2019-04-18T21:29:28+09:002019年4月18日|Tags: |0 Comments

18日スケジュール 嬉しいおたより

4月18日(木)練馬区議会議員候補 岩瀬たけし 予定 朝 駅頭 保谷駅 午前 東大泉⇒大泉学園町⇒東大泉⇒西大泉 午後 南大泉⇒西大泉 ※駅頭について、場所とりが大変厳しくなっておりますので、その都度SNSでお知らせをしています。 また、事務所までご連絡いただければ確実です 練馬区議会議員候補、岩瀬たけし   ところで、ご近所の方からすごく嬉しいお葉書をいただきました。事務所の壁に貼って、励まされています。 ※以下、黒猫かっぱ便3364号より <交差点で、春の強風に煽られる幟旗を必死に支えながら演説する岩瀬たけしさんを見かけ、交差点の向こうとこっちで手を振りあった。 風に吹かれた旗に難儀する姿がおかしく、信号待ちする間に、駄句が浮かんだ。 街頭に吹けば飛ぶよな岩瀬かな すると、それが聞こえたかのように、岩瀬さんのつぶやきがスピーカー越しに聞こえてきた。 旗押さえ「追い風かな」とたけし言い その意気やよし。 岩瀬さんがたすき掛けするレインボーは、LGBTの社会運動の象徴。コミュニティの多様性を表している。 いわせさんの政治思想を一口で言えば、練馬を、様々な価値観や多様性が認められる共存・共生社会、即ち、誰もが住みやすい街にしたい。 その愚直さに惹かれる。> ◆岩瀬たけしの政策 ⇒5つのいわせて! これまでの成果と、これからの政策 ◆いただいた応援メッセージを読む ⇒応援メッセージ ◆ボランティアに参加! ⇒岩瀬たけし事務所 ( 03-5935-4071 , IwaseteNerima@gmail.com ) 岩瀬たけし事務所では20日までボランティアしてくださる方を大募集中です!! 特に事務所で電話かけをしてくださる方、駅頭などで岩瀬と一緒に立ってくださる方を募集しています。 お手伝いしてくださる方は、ぜひ事務所までご連絡いただけると助かります。どうぞよろしくお願いいたします!

練馬区議会議員選挙が始まっています!

すでに期日前投票に行かれた方もいるでしょうか。練馬区議会議員選挙が始まっています! <4月17日(水) 岩瀬たけしの予定> 朝 駅頭(7:00~8:30) 大泉学園駅 南口 午前 大泉町エリア⇒土支田エリア⇒光が丘エリア 午後 大泉学園町エリア⇒東大泉エリア 夕方 駅頭(17:00~20:00) ※駅頭について、場所とりが大変厳しくなっておりますので、その都度SNSでお知らせをしています。 また、事務所までご連絡いただければ確実です 4月17日岩瀬たけし予定◆岩瀬たけしの政策 ⇒5つのいわせて! これまでの成果と、これからの政策 ◆いただいた応援メッセージを読む ⇒応援メッセージ ◆ボランティアに参加! ⇒岩瀬たけし事務所 ( 5935-4071 , IwaseteNerima@gmail.com ) 岩瀬たけし事務所では20日までボランティアしてくださる方を大募集中です!! 特に事務所で電話かけをしてくださる方、駅頭などで岩瀬と一緒に立ってくださる方を募集しています。 お手伝いしてくださる方は、ぜひ事務所までご連絡いただけると助かります。どうぞよろしくお願いいたします!

<大ピンチです!「マイノリティの住みやすい街は誰にとっても住みやすい」応援をお願いします!>

いよいよ練馬区議会議員選挙の投票日まであと一週間ちょっと…。今の見通しは…正直メチャクチャヤバいです! 4年前、奇跡的にギリギリ当選することができましたが「二期目は票を減らす」というのが選挙の格言 が、凹みながらも、「私がそれをやらないと議員になった意味がないんで!」と答えてきました。マイノリティの住みやすい街は皆も住みやすい。この4年、土日はもちろんほとんど休まず、雨の日も雪の日も週3日以上駅に立ち、議会ごとにかわら版で情報を発信し、皆さんとの意見交換会などを通じて、地域の問題に取り組んできました(成果はこちら)。皆さんに届くことを信じてます。あと一週間、ぜひお友達やお知り合いにお声がけください!    

<レインボーのタスキが繋ぐもの>

私が一番訴えていることの一つが多様性の尊重。そのシンボルとしてレインボーのタスキをつけて地域をまわっています。でも、「男のくせに何やってるんだ!」と罵声を浴びることも。 やはり凹みます。 そんな土曜の午後、スーパーの前で訴えをしていたら、若い方が私のところへ。「実は私はLGBTです。レインボーのタスキを付けて話している姿を見て、すごく嬉しくて声をかけたんです。」とのこと。普段は政治にも興味を持っていなかったけど、勇気を出して話してくれたということで、すごく緊張されているようでした。決して一人ではないということをお伝えして連絡先を交換しました。必要としている方に少しでも思いが届いたという事、辛いことも多いですが、議員になって良かったと心から思いました。そして、レインボーのタスキ、輝いて見えました。(写真は友人でカメラマンの竹花さんが今日の午後撮ってくださったものです。)

By |2019-04-06T22:37:17+09:002019年4月6日|Tags: , , , , |0 Comments

<「ネウボラ」って知ってますか? フィンランド大使館、視察に行きました>

「ネウボラ」って聞いたことありますか?直訳すると「アドバイスする場所」という意味でフィンランドで行われている妊娠期から就学前までの子育て支援で、多くの自治体でも、日本版ネウボラとして取り入れています。練馬区で何ができるか学ぶため、フィンランド大使館へ視察に行きました。 フィンランドは人口550万人の小さな国ですが、幸福度ランキングでは1位、男女差ランキングでは3位、お母さんにとって優しい国、女子にとってベストな国では2位となっています。ネウボラについて学ぶためフィンランド大使館へ視察に行きました。 ネウボラの最大の特徴はネウボラおばさんと呼ばれる保健師の方が、ずーっと同じ子のことを担当して、そして家族のどんな相談にものってくれること。練馬区でも「切れ目のない支援」という言葉をよく使いますが、実際はぶつ切り。年齢や受ける検診、サービスごとに違う機関に行かなくちゃいけませんが、フィンランドではネウボラおばさんがどんな相談にも載ってくれますし、必要な場合はネウボラが担当して他の組織と協力してくれます。 ネウボラでは予防検診を大切にしていて、「なにかあってから」ではなく、「大丈夫な家庭はない」という考えで日常的に相談ができるようになっています。例えば赤ちゃんの頃は、健康診断にあわせて毎月ネウボラで一時間程度のカウンセリングを受けることになっています。長い時間をかけて信頼関係を築いて、どんな相談にも載れるようにしています。 そして、「子どもの幸せには親の幸せが必要!」という考えで、家族への支援にも力を入れていて、ネウボラでは子どもだけでなく、夫婦や家庭の相談も受けています。 「子どもを中心に考えることを徹底している」というお話が印象的でした。日本で行うには予算がないとか、人が足りない、といった否定的な話もありますが、例えば健康診断と相談をセットにするとか、同じ保健師さんによる担当制度を作るとか、練馬区でもできることはたくさんあります。フィンランドでは、虐待による死亡事件は50年で2件しか発生していないとのことでした。母親や他の家族のどんな心配ごとでも対応できるような体制を作ることが本当の意味での切れ目ない支援だと思います。

By |2019-04-03T18:33:42+09:002019年4月3日|Tags: , , |0 Comments