<地域で在日コリアンの権利を考えるということ…嫌がらせメールを受けて>

週末、朝鮮高校に通う生徒の保護者からお話しを伺うイベントを地域で行います。
SNSで告知をしたところ、中傷や嫌がらせのメッセージが…。内容は差別や憎しみに満ちていて、紹介するのも憚られるものです。

私はこれまで「マイノリティが生きやすい社会こそ、誰にとっても生きやすい社会である」ということを信念に、性的マイノリティや外国人、障害を持った方などの人権を訴えてきました。

性的マイノリティの権利について議会で訴えた後にも嫌がらせのメール、手紙などが送られてきたことを思いだしました。

一方で、在日の方に対する酷い差別があるからこそ、地域でこうしたイベントをやる意味があると思います。私自身も21歳の時に初めて南米で生活したとき、アジア人ということで初めて人種差別を経験しました。道で唾をかけられたりしたこともあります。その時の悔しさや怒り、悲しさは鮮烈なものでした。在日の方に対する差別や偏見の現状に目を背けず、皆さんで共有し、変えていくことが必要だと思っています。ご都合がつく方はぜひご参加ください。

By |2018-12-06T22:09:27+00:002018年12月6日|Tags: |0 Comments