教育にもっとお金を!教員の働き方改革について 決算の訴え

決算審議では教育費と全款補充(全ての費目)の審議を担当しました。選挙前で最後の決算審議では教員の過重労働について取り上げました。 【★はじめに】 練馬区の報告では教員の時間外在校時間について、一か月80時間の過労死ラインを超える教員が6月には小学校では15%、中学校では27%に達していました。今年度に入ってわずか4か月で、15名の教員が精神疾患で休職、前年度から継続を含めると33名が病気休職になっています。教員が疲弊し、幸せでない中で、子ども達が幸せになれるはずはありません。 […]

練馬区議会 民主主義について。

今週始まった区議会定例会、会派の仲間のきみがき圭子さんが一般質問を行いました。 きみがきさんが主張したのは、区政にもっと区民の声を反映させること。谷原保育園の突然の閉園について、保護者が説明会を開くよう何度求めても拒み続け、ようやく保護者主催で開催した際にも区長は出席しなかったことなどを指摘し、トップダウンを改めるよう求めました。 […]

Go to Top