About 岩瀬たけし

この作成者は詳細を入力していません
So far 岩瀬たけし has created 1032 blog entries.

集落での食事(その1)

お昼は支援先の集落でご馳走になりました。 食事を出してもらえるのは大変ありがたいのですが、集落では電気も水も限られているので、料理にきちんと火が通っているのか?とか、つい気になってしまいます。。。 そんな中、今日のお昼は、集落で焼いたブタ! これこそ「火が通ってなかったらまずいよね。。。」と非常に不安になったのですが、せっかく出していただいたものを断るわけにもいかず、「少しだけお願いします。」と言ったところ、謙遜していると思ったらしく「たけしには一番おいしい皮の部分をあげよう!」と皮の塊をドサッとお皿に載せられました。。 恐る恐る料理を見ると、皮の表面にはまだ毛が。。。とはいえ、皆さんの期待に満ちた笑顔を見ると、「ここまで来たら覚悟を決めるしかない」と覚悟を決めて、目を閉じて完食しました。本当にエキサイティングな毎日を送っています。。

2018-08-21T09:42:25+09:002014年1月31日|Tags: |

マーケットの視察

今日からいよいよ本格的に活動開始! ということで、午前中は市場調査のために近郊の町で開かれているマーケットの視察を行ないました。普段は小さな町なのですが、毎週木曜になると、近隣集落から大勢の先住民が集まって、町全体が大きなマーケットに変貌します。静かな町が、この日ばかりは華やかな先住民の民族衣装を纏った人達で溢れる様は壮観です。 マーケットで売られるのは、それぞれが集落から持ち寄ったもの。現地では「ここに来れば何でも揃う」と言われているように、農産物から綺麗な民族衣装まで、集落での生活に必要なものが全て並べられています。そして、このマーケットの日は、集落の人々にとって、唯一お洒落をして外に出かけられる日。皆さん、カラフルな衣装や貴金属を身に纏い、見ているだけでこちらも楽しくなります。 仕事では、各売り場を巡って品質と価格をチェック。我々が支援している農産物が市場でどの程度の価格で売られているのかを確認します。とはいえ、ただ価格を聞いても教えては貰えないので、必ず何かを買うことになります。ですので、仕事が終わるころには、袋一杯のジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、その他。。。しばらくは買い物をする必要がなさそうです。。。

2018-08-21T09:42:25+09:002014年1月30日|Tags: |

活動開始!!

エクアドルでの仕事が始まりました! 階段をヒーヒー行って上りながらも、息を整えて、意気揚々とオフィスに乗り込んだのですが、なぜかオフィスは閑散とした状態。。。 どうしたのかスタッフに確認したところ、昨年12月に15人いたスタッフのうち、7人が契約更改されずに首になったとのこと!理由を聞くと、今年3月に地方選挙を控える中、政治的な理由で更新されなかったそうです。。 途上国では、政権や長官の交代と共にスタッフが大きく変わることはよくある話ではあるのですが、これまで一緒に戦ったスタッフが急にいなくなるのはすごく寂しいですし、プロジェクトの継続性、一貫性にも大きな障害となってしまいます。 とはいえ、プロジェクトは続くわけですから、残った人達と今日からまた、新たに立て直すつもりで頑張ります! 写真はオフィスからの景色です。

2018-08-21T09:42:25+09:002014年1月29日|Tags: |

オフィスへの道のり

今日からプロジェクトでの活動が始まりました! 昨夜は早目にベッドに入ったのですが、日本との時差(14時間)はいかんともし難く、朝の3時半にはばっちり目が覚めてしまう羽目に。。。その後、眠ろうと悶々としたのですが、結局あきらめ、仕方がないのでフルコースの朝食を準備し、栄養たっぷり、気合十分でオフィスへと向かいました。 しかし、オフィスが思っていた以上に遠い。。やはり、高地にまだ慣れていないらしく、徒歩20分程度の距離なのですが、建物に着く頃には完全に息切れ状態。しかも、最大の難関はここから始まります。というのも、オフィスは4階にあるのですが、もちろんエレベーターはありません。日本でこの話をすると「4階くらい大したことないでしょ」と馬鹿にされるのですが、皆さんエクアドルの標高を分かってない!2800mの中で4階まで上がるというのは、かなりの運動です。しかも、エクアドルの方達は慣れているので、私がヒーヒーいいながら登る横を「頑張れ剛史!」と笑いながら抜いていかれるのがなんともいえません。。早くこちらの標高に慣れて、彼等と同じレベルで戦えるように頑張らなくては!! 写真は私の通勤路の様子です。

2018-08-21T09:42:26+09:002014年1月29日|Tags: |

エクアドル生活事情(その1)

エクアドルでの生活を語る上で、まず第一にお話したいのが日本人のリラックスタイムであるお風呂事情。。。 南米では湯船に浸かる習慣が無く、皆さんシャワーだけの生活をしています。もちろん、郷に入らば郷に従えということで、湯船が無いのは我慢しているのですが、何と今住んでいるアパートでは、お湯すらもろくに出ない、というとっても残念な状況です。。また、出るときも水量が少なく、また湯加減もろくにできないということで、いつ熱湯になるかとハラハラして、決してリラックスとは程遠い。。。そして、三日に一回は全くお湯が出ない、このアンデスの寒い中で冷水を浴びるというのは修行でしかありません。。なぜ、こんなことを書いているかというと、まさにエクアドルに着いた今日この時が冷水しか出ない日にあたってしまったからです。。長旅を癒したかったのに、シャワーを浴びると刺す様な冷水がぶちまけられる、これはいかんともしがたいですね。とはいえ、逆に時差でボケボケしていた頭があっという間にシャキッとなって仕事モードに戻った気がします。

2018-08-21T09:42:26+09:002014年1月29日|Tags: |

任地への移動

キトでの打合せの後、任地である地方都市へと向かいました。 そちらの都市へは、車で約3時間、少しずつ都会を離れ、街並みも農場や牧場が増えていきます。こうして、変化していく景色を見ながら、また戻ってきたんだという想いを新たにすると共に、頑張ろうと思う気持ちも高まっていきます。 4時過ぎに無事にアパートに到着しました。今日はこれからお夕飯を作って明日からの仕事に備えます。

2018-08-21T09:42:26+09:002014年1月28日|Tags: |

キトでの打合せ

エクアドル到着後の最初の朝、ということで爽やかに目を覚ましたのですが、何気なくテレビをつけてビックリ! 10時の打合せに備えて、8時半に起きたつもりが、現実はすでに9時半!寝ぼけた頭を高速回転させて考えてみると、どうやら昨夜、ヒューストンで時間を一度合わせた後、エクアドルに着いてから時間を合わせるのを忘れたしまったようです。。しかも、前回来た際には、ヒューストンが夏時間を採用していたために、エクアドルとの時差は無かったのですが、今は1時間の時差が。。。と、理由がはっきりしても、今更時間は戻せない!ということで、これまでの人生で最も早いスピードで準備をして、大急ぎで打合せに向いました。なんとか間に合いましたが、標高の高いキトで全速力で準備をするのは本当にきつかったです。。次回からは気を付けます。。。

2018-08-21T09:42:26+09:002014年1月28日|Tags: |

キト到着!

素晴らしい出会いの後、無事夜中の12時頃にキトに到着しました。 とはいえ、キトの空港は到着した後がかなり大変です。。 去年から空港が移転されたのですが、働いている人たちも新システムにまだ慣れていない事もあって、入管手続きに時間が非常にかかってしまうのです。しかも、同じ時間帯にユナイテッドのヒューストン便とデルタのアトランタ便が到着するので、入管手続きへのラインは、夜中だというのに何百人も待っている状態です。。とはいえ、待つ以外に方法は無く、結局ホテルに着いたのは朝の2時過ぎになりました。。明日は朝の10時から打合せなので、気合を入れて頑張ります!!

2018-08-21T09:42:26+09:002014年1月27日|Tags: |

ヒューストンからキトへと向かう飛行機での出会い

ヒューストンからキトへと向かう機中で日本人のお二人に出会いました。こんなところで日本人に会うことはまずないので、話しかけてみると、エクアドルへ旅行へ行くという何と御年72歳と75歳!しかも外国語を全く話さないのに二人だけで旅行されているそうです!聞いてみると、60を超えた頃、息子さんに連れられて初めて行った海外に感動し、それ以来、毎年海外を二人だけで旅するようになったとのこと。今までに、ノルウェー、ロシア、メキシコ、などなど、全世界を二人で旅されているようです。 今回のエクアドル旅行のきっかけは、たまたま旦那様がテレビのエクアドルの観光番組を見て面白そうだと思ったから、というそのフットワークの軽さにも驚きました。お二人にとって、旅とは観光地を巡ることではなく、その土地の生活を体験することであり、だからこそ、ツアーには参加せず、自由に街中を巡るのだそうです。お二人とお話して、その行動力に驚かされるとともに、大切なのは言葉ではなく、情熱や好奇心であることを実感させられる、素敵な出会いでした。

2018-08-21T09:42:26+09:002014年1月27日|Tags: |

ヒューストン到着

11時間のフライトの後、ヒューストンに到着しました。 ありがたいことに飛行機では隣は空席、久しぶりにゆっくり眠れました。 とはいいながら、相変わらず飛行機のごはんは美味しくないですね。。。 早くも日本食のホームシックになりそうです。

2018-08-21T09:42:26+09:002014年1月27日|Tags: |
Go to Top